[先輩] Pomona College (2011) Nさん

1 ) 経歴

出身大学、学部の卒業年と専攻(major/minor)

Pomona College, Class of 2011, Mathematical Economics

小学校から高校までに通った学校

小学校はNYとアトランタの公立の現地校、中学校は東京の私立、高校は千葉の私立

母国語は英語ですか?もしそうでなければ、いつ英語を学びましたか?

母国語は日本語、英語は子供の頃アメリカで学びました

現在のお仕事は?

2011年5月にポモナを卒業後、経営コンサルとしてNYで働きます。


2) 大学受験と大学生活

出身大学を選んだ理由は?

カリフォルニア、そして小さいリベラルアーツの大学に憧れていたので、ポモナを選びました。大学訪問をした時、ポモナ生のフレンドリーさ、そしてキャンパスの美しさを見てポモナに一目惚れしました。

他にどの大学を受験しましたか?

University of Southern California, Claremont McKenna College, Stanford, Harvard, Yale, Princeton, Wesleyan, Amherst, Swarthmore

アメリカと日本の大学を併願受験しましたか?併願受験をした場合には、大変だったことと、その対応方法は?

はい、併願受験をしました。

アメリカの大学受験の過程で大変だったことは?

10校を受けたため、エッセイの多さに少し苦労をしました。近年はCommon Applicationがますます一般化されているため、同じようなエッセイを何校かに提出できるのではないでしょうか。また、先生の日本語での推薦状を訳せる英語の先生を探すのが大変でした。

大学の学費はどのように工面しましたか?大学からfinancial aidを受けましたか?

学費の一部はグルーバンクロフト基金からの奨学金で工面しました。4年目は大学のLeadership Programのmerit scholarshipを頂いたのでさらに奨学金が増えました。

アメリカの大学生活でよかったことは?

よかったことは書ききれませんが、敢えていえば全寮制の大学での寮生活です。世界中から来る学生達と一緒に生活することにより自分の視野が広がり、友人とは家族のような関係になりました。キャンパス、また近所に住む教授の自宅でのハウスパーティやディナーなどのイベントも全寮制の魅力であり、教室で始まったディスカッションがいつの間にか深夜遅くに続く日も頻繁にありました。一クラス10から20人が普通なリベラルアーツの大学での授業は非常にチャレンジングでしたが、ディスカッションにより他の生徒達との絆も深まり、今ではレクチャーのみの授業、想像できません。

3)卒業後

卒業後のキャリアについて教えてください。

NYで経営コンサルティングをします。

卒業後初めての仕事につながった就職活動について教えてください。

キャンパスでのリクルーティング

4)その他

高校生の自分にアドバイスを一言!

常に自分をチャレンジすること!何も怖がらずに、やりたいと思う事があればすぐやること!

In: 先輩プロフィール

Still quiet here.sas

Leave a Response

You must be logged in to post a comment.